インターネットを利用する際に注意しなければならない事の一つにコンピューターウィルスに感染しないよう注意する事が挙げられます。コンピュータウィルスと呼ばれる悪質なプログラムに感染すると、その種類によってコンピュータが動かなくなったりファイルが壊れたりと、さまざまな障害がでるのです。コンピュータウィルスはプログラムやデータを媒介して伝染するので、知らない人から来た電子メールや添付ファイル、ダウンロードしたり外部から持ち込まれたりするプログラムやデータを開くときには注意が必要なのです。ファイルをアップロードしたり、電子メールに添付して送信したりする場合には、あらかじめウィルスに感染していないことを確かめる習慣をつけましょう。外部からプログラムやデータを取り入れるコンピュータを利用する場合には、予防のために、ウィルスを検知するソフトウェアで点検するようにしましょう。ウィルスを発見したり、被害にあったときには、情報処理振興事業協会に報告しましょう。コンピューターウィルスへの対策としてはウィルスの感染を即座に知らせ、これを無効にする専用のソフトウェアが市販されています。これらは一般にワクチンプログラムと呼ばれています。あらかじめインストールしておけば、外部から持ち込まれるプログラムやデータがウィルスに冒されていないかどうかを監視してくれるのです。毎日のように新種のウィルスが発見され、報告されていますから、ワクチンプログラムにはこまめにインターネットから最新のデータをダウンロードし、新種のウイルスにも対応できるようにしておく事が大切です。ワクチンプログラムを用いても、残念ながらウィルス対策は万全とはいえないのが現状なのです。定期的にデータのバックアップをとっておけば、万一ウイルスに感染しても被害を最小限に抑えることができるでデータのバックアップはこまめにとる事を心掛けましょう。